下垂眼瞼(目が開きにくい)
目元のしわ取り・たるみ除去・くぼみ治療はこちら札幌中央クリニック

 眼瞼下垂手術

目の開きが悪くなった、視界が狭くなったという方に

“まぶたが下がって目を開けにくい”と感じる方は、眼瞼下垂の可能性があります。
原因は様々ですが、見た目の印象も変化してしまいますし、肩こりや弱視の原因にもなりますので、早めに治すことをオススメします。

眼瞼下垂修正手術は次のような方におすすめです。

  • 眠そうな目を大きく見せたい方
  • いつも額にしわをよせて目を開けている方
  • 目つきが悪く見られてしまう方
  • 上まぶたのたるみで、目の開きが悪くなった方
  • 長期間のコンタクトレンズの使用で、まぶたが開けにくくなった方
  • 目の開きが悪く、目の疲れを感じる方
  • 目の開きが悪く、頭痛や肩こりを感じる方

下垂眼瞼(目が開きにくい)

眼瞼下垂の原因

◆先天性眼瞼下垂・・・生まれつき眼瞼挙筋の機能が弱い場合です。

◆老人性眼瞼下垂・・・皮膚のたるみや加齢が原因で、眼瞼挙筋の機能が弱くなった場合です。

◆コンタクトレンズ眼瞼下垂・・・長期間のコンタクトレンズの使用によるものです。

※ 眼瞼下垂の原因には主に下記の3つがあります。(他にもありますが、主なものだけを記しています。)

 

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

目瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、黒目の半分以上が上まぶたに隠れて、目を開けにくくなる状態を言います。

生まれた時から眼瞼挙筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂の他、加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こるようです。
視界がさえぎられ、上方が見えにくいために普通よりも筋肉に負担がかかり、肩こりや頭痛の原因になることもあります。

眼瞼下垂修正手術(挙筋前転法・結膜縫縮法)

1、挙筋前転法

上まぶたを切開し、挙筋腱膜を瞼板に固定する眼瞼下垂修正手術です。たるみ、脂肪がある場合は、同時に切除出来る事です。眼瞼下垂修正手術後7日目以降に抜糸します。切開しますので、眼瞼下垂修正手術後の腫れが落ち着くまで約2~3週間かかります。

2、結膜縫縮法

まぶたの裏側から糸で眼瞼結膜と瞼板を縫い縮める眼瞼下垂修正手術です。切開しませんので、腫れが少ないのが長所です。軽度な眼瞼下垂の場合にも可能ですが、短所として、糸が緩み、元に戻ってしまうことがまれにあります。

料金表

眼瞼下垂手術 眼瞼下垂 挙筋前転法 500,000円
眼瞼下垂 結膜縫縮法 250,000円

※表示価格は税抜きとなっております。

無料メール相談 メール予約

お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909

 2016年12月【メール予約】

       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2016年11月

カウンセラーブログ 掲載情報 保護者同意書 人気の治療科目 無料メール相談 メール予約 お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909
モバイルサイトはこちら
住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F TEL:0120-013-909
美容整形 札幌で美容外科を探すなら札幌中央クリニック ©SAPPORO CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.