性同一性障害外来

 性同一性障害外来

性同一性障害の方はホルモン療法を受けることができます。
MTFまたはFTMのどちらの場合でも、「血液検査」「血中ホルモン濃度検査」を受ける必要があります。

MTFの方 (体は男性、心は女性という方)

女性ホルモン(エストロゲン薬)を摂取します。

注射の薬の種類:

ぺラニン・デポー(吉草酸エストラジオール)

注射の間隔:

ぺラニン・デポー(吉草酸エストラジオール)20mgを2~3週間隔で投与します。

女性ホルモン摂取による効果・変化

乳房の増大(女性化乳房)、乳輪の色素変化、乳頭の過敏性の増大、皮膚の艶の変化、女性形への体型の変化(骨盤周囲への体脂肪の増大)、あごひげや体毛の発育の減少、高い声、性欲減退、睾丸収縮。
※ 乳房の発育などの変化があるのは開始から2年前後までです。

女性ホルモン摂取による副作用

女性ホルモン投与中は下記疾患のリスクを高めますので、定期的な検査が必要です。
(血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、高血圧など )

FTMの方 (体は女性、心は男性という方)

男性ホルモン(アンドロゲン)を摂取します。

注射の薬の種類:

テスチノンデポー(エナント酸テストステロン)

注射の間隔:

テスチノンデポー(エナント酸テストステロン)250mgを、2~3週間隔で投与します。

男性ホルモン摂取による効果・変化

月経停止、声帯変化(声が低音に)、体毛の増加、毛が固く(剛毛)、ひげの増加、頭髪減少、筋肉質、男性形への体脂肪分布
※ 乳房のサイズはあまりかわりません。

男性ホルモン摂取による副作用

男性ホルモン投与中は下記疾患のリスクを高めますので、定期的な検査が必要です。
(肝機能障害、骨粗鬆症、にきびなど )

料金表
男性ホルモン注射 1回 2,500円
女性ホルモン注射 1回 1,500円
血液検査(肝機能検査等)1回 3,500円
血中ホルモン濃度検査 1回 18,000円
*初診料(治療を開始される場合) 5,000円
*再診療(検査後の再診時のみ) 3,000円

※表示価格は税抜きとなっております。
*内服薬の料金はお問い合わせください

無料メール相談 メール予約

お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909

 2016年12月【メール予約】

       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2016年11月

カウンセラーブログ 掲載情報 保護者同意書 人気の治療科目 無料メール相談 メール予約 お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909
モバイルサイトはこちら
住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F TEL:0120-013-909
美容整形 札幌で美容外科を探すなら札幌中央クリニック ©SAPPORO CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.