シミ、そばかす

シワ除去・タルミ取り・シミ取り・毛髪再生のトータルエイジングケア/札幌の美容外科・美容皮膚科

 しみ(そばかす)

お顔にたった1つあるだけでとても老けた印象に見えるシミ。せっかくのお肌の魅力を半減させてしまいます。ひとつにシミといっても、いろんな種類があります。様々な原因によってシミの形状や病名、治療法も異なりますので、専門の医師による正しい判断が必要です。中には、シミのように見えて実はアザの一種だったという例もあります。

シミの深さや濃度、お肌の状態を性格に判断し、1人ひとりのライフスタイルに合うベストな治療法をお勧めいたします。

原因

シミ、そばかす、肝斑
しみやそばかすは様々な要因でできてしまいます。特に紫外線による割合が大きく、近年若い方でも環境破壊の影響からしみやそばかすなどに悩まされる患者様が多いようです。

放っておいても消えることはなく、紫外線の蓄積や刺激によって大きくなったりしますので早めの治療をおすすめします。

種類

種類 要因
しみ(老人性色素斑) いわゆるしみ、紫外線によるしみ
そばかす(雀卵斑) 遺伝性、先天性、紫外線など
顔正中部~両ホホに特にできやすい
光線性花弁状色素斑 強い日焼けやナイロンタオル・ナイロンブラシ
使用によってできるしみ
肩~背中、胸部にできやすい
肝斑 ホルモンバランスのくずれ、紫外線など
目下~ホホ骨上に左右対称に広がるくすみ
炎症後の色素沈着 にきび跡、日焼け、火傷などの炎症後におこる
脂漏性角化症 しみが移行して膨らんだもの顔、頭部、手の甲、体幹にできやすい

レーザー治療の特徴・しくみ

レーザー治療はレーザー光線を異常な色素細胞に照射すると、正常な皮膚には吸収されず標的となる色素細胞のみ吸収され、熱エネルギーに変換→細かい粒子に分解→排出します。

分解された異常色素細胞のうち浅いところにある色素細胞はカサブタとなり、深い部分にあった異常色素細胞はマクロファージという皮膚の貧食細胞に取り込まれ、血管やリンパ管に吸収され汗や尿として体外に運び出されていくのです。そして異常色素細胞が消滅すると周囲細胞とほぼ変わりない正常な皮膚が再生します。

レーザー治療の特徴は周囲の皮膚を傷つけることなく、傷跡も残すことなく心配なく消すことが可能です。また、痛みもほとんどないので体に負担をかけずに短時間で終わるのが特徴です。

しみへの主要レーザー機器

シミ、そばかす、肝斑
YAGレーザー

シミやソバカスなどメラニンを含む組織だけに吸収され、それらを熱エネルギーに変換し分解します。
組織への透過性がよく、深部にある色素にも有効にエネルギーが吸収されます。

様々なシミ、そばかす、光線花弁状色素斑、太田母斑(青あざ)、イレズミにも有効です。

治療の流れ

1.患部をレーザー照射します。
(直後白く浮いた後、治療部位が花褐色になります)
2.軟膏+肌色のテープによる保護をしてご帰宅となります。
(当日より洗顔、化粧はテープの上から可能です)
3.照射部位がカサブタになり5~10日ほどで自然にカサブタが脱落します。
(この頃よりテープ保護は不要となります)
4.カサブタ脱落後、薄い皮膚(ピンク色の状態)が出来る。
(この期間は遮光が絶対です。患部には日焼け止めクリーム等してください。この期間にしっかりとケアをしないと一時的に色素沈着がでる「二次性色素沈着」がでる確率が高くなります)
5.ピンク色の皮膚が上皮化し周囲の皮膚となじみます。

【ケアのポイント】
● 治療後の炎症を抑え、洗顔で強くこすったり衣類による摩擦などの過剰な刺激を出来るだけ与えないこと。
● メラニンの過剰生成を防ぐこと
● UVクリーム、UV化粧品などで紫外線をしっかりカットする。

料金
シミ レーザー治療 1mm 3,000円~5,000円

※表示価格は税抜きとなっております。

フォトフェイシャル療法(フォトシルクプラス)

フォトフェイシャル療法とは

フォトシルクプラスフォトフェイシャル療法とはカメラのフラッシュのような光(フラッシュ光線)を繰り返し皮膚に照射する医療機器を用いて、皮膚のさまざまなトラブルに対して治療を行う方法です。

主に、しみ・そばかす・くすみの治療、肌の張りをだすアンチエイジング(若返り)治療、赤ら顔の治療にフォトフェイシャル療法が行われます。フォトフェイシャル療法の最大の特徴と長所は治療後、治療部位にテープやガーゼなどで覆う必要がないところです(これをダウンタイムがないと言います)。

フォトフェイシャル療法を用いた医療機器は多数ありますが、札幌中央クリニックで使用している「フォトシルクプラス」は最新のフォトフェイシャル機器です。フォトシルクプラスの特長は用途に応じて波長・パルス幅などを変えることができ、この最新の機能により従来のフォトフェイシャル機器に比べて、より大きな治療効果を発揮します。

フォトフェイシャル療法の効果

1.老人性色素斑(日光性色素斑)・そばかす・くすみの治療
紫外線によってできたしみ(老人性色素斑)やそばかす・くすみに対して、フォトフェイシャル療法は非常に効果を発揮します。通常2~4週間に1回の間隔で照射し、5回を1クールとして照射します。フォトフェイシャル療法では1回の治療効果はレーザーには劣りますが、レーザー治療のように患部にテープを貼る必要がないのが最大の特徴です。
フォトフェイシャル療法では日常生活にまったく影響を及ぼすことなく、しみ・そばかす・くすみが治療できます。

2.肌のアンチエイジング(若返り)治療
フォトフェイシャル療法では皮膚の深いところにある細胞を刺激することにより、皮膚の細胞を活性化し、肌の若返り、つやを出す効果があります。小じわも改善されます。
フォトフェイシャル療法ではダウンタイムが全くないため、肌のメンテナンスのため定期的に治療されると、いつでも張りとつやがある肌が保てます。通常2~4週間に1回の間隔で照射し、5回を1クールとして照射します。

3.赤ら顔の治療
赤ら顔もフォトフェイシャル療法で治療できます。

フォトフェイシャル療法の長所と短所

長所
フォトフェイシャル療法はしみ・そばかす・くすみの治療と同時に皮膚の張り・つやも出せ、皮膚老化に対して、総合的なアンチエイジング(若返り)治療ができます。
フォトフェイシャル療法はダウンタイムが全くなく、治療直後からメイクなどほぼすべての日常生活を普段通り行えます。
フォトフェイシャル療法は短時間で顔全体の治療が行えます(施術時間約10分)。
短所
フォトフェイシャル療法は、1回の治療で終わるのではなく、2~4週間隔で3~5回の繰り返しの治療が必要な点です。

料金
フォトフェイシャル 1回トライアル 25,000円
フォトフェイシャル 5回セット(28日分の内服薬付き) 100,000円

※表示価格は税抜きとなっております。
※5回セットのみ2クール目から4割引でご提供いたします。
フォトフェイシャル療法はイオン導入と一緒に行うと効果倍増です!

ビタミンイオン導入

高濃度のビタミン剤(ビタミンC・ビタミンA)を皮膚に直接浸透させる治療方法です。ビタミンC・ビタミンAには美白効果がありますので、この効果が直接しみ・そばかす・くすみに効いて、しみ・そばかす・くすみを薄くする作用があります。

料金
ビタミンイオン導入 1回 15,000円
ビタミンイオン導入 5回セット 60,000円

※表示価格は税抜きとなっております。
※5回セットのみ2クール目から4割引でご提供いたします。

料金表
シミ レーザー治療 1mm 3,000円~5,000円
フォトフェイシャル 1回トライアル 25,000円
フォトフェイシャル 5回セット (28日分の内服薬付き) 100,000円
ビタミンイオン導入 1回 15,000円
ビタミンイオン導入 5回セット 60,000円

※表示価格は税抜きとなっております。
※5回セットのみ2クール目から4割引でご提供いたします。

シワ除去・タルミ取り・シミ取り・毛髪再生のトータルエイジングケア/札幌の美容外科・美容皮膚科

無料メール相談 メール予約

お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909

 2016年12月【メール予約】

       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2016年11月

カウンセラーブログ 掲載情報 保護者同意書 人気の治療科目 無料メール相談 メール予約 お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909
モバイルサイトはこちら
住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F TEL:0120-013-909
美容整形 札幌で美容外科を探すなら札幌中央クリニック ©SAPPORO CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.