TATTOO除去

 刺青のレーザー除去とは

刺青除去専門サイト札幌中央クリニック

刺青(入れ墨、入墨、いれずみ、イレズミ)、タトゥーの除去の治療の中では、レーザー除去が最もきれいに治ります。特にレーザーは黒や青などの濃い色の刺青に対しては、非常に反応がよく、ほぼ完全に消失させます。刺青に対して通常3~6カ月おきに、3~6回前後のレーザー照射が必要になります。レーザーの欠点としては、黄色や赤色などの明るい色には反応が弱い点です。
また、刺青の深さや色味、含有物によって最終的に消えない場合があります。

TATTOO除去

診療の流れ

STEP1:患部をレーザー照射します。
(大きさにもよりますが小さいものであれば数秒で終了します)

STEP2:教育とガーゼの処置をしてご帰宅となります。

レーザー治療後の経過について

・通院 … 次回は刺青の周りの皮膚の赤みが引いた後、すなわち、3~6カ月後に通院となります。
・処置 … 1週間程患部に軟膏、テープ処置をしてください。
・入浴 … 当日から患部をぬらさないようにシャワー浴等可能です。

刺青・タトゥーの切除治療法

刺青を含んだ皮膚を切除して、皮膚を縫い合わせる方法です。小さな刺青・タトゥーの場合、1回の治療で完全に切除できるので、お急ぎの方には非常に有効な方法です。
ただし、切除縫縮法は1回で切除可能な刺青の大きさには限界があり、それ以上の場合は2~3回に分割して行うことになります。

TATTOO除去

診療の流れ

STEP1:状態を確認後、切除の回数をご提案します。
STEP2:局所麻酔後、切除し、縫合します。
STEP3:患部にテープ、軟膏で処置し、ご帰宅となります。

切除治療後の経過について

・通院 … 7~14日後に抜糸のために一度ご来院いただきます。
・処置 … 1週間程、患部に軟膏、テープ処置をしてください。
・入浴 … 当日から患部を濡らさないようにシャワー浴等可能です。入浴、飲酒はしばらく控えてください。

刺青・タトゥーの剥削法

刺青・タトゥーを含んだ皮膚の表面を一部削り取る方法(剥削法)です。

他の方法に比べて、傷跡がアザまたはヤケド跡のようになるため色白の方などは目立つ可能性がありますがレーザー治療では不向きな黄色や赤等の色味に左右されない事と、切除では不可能な大きい入れ墨に対応できることが利点です。

つまり、「入れ墨」を「他の傷跡」に置き換える治療と言えるので刺青を理由におこる社会的不利益を改善できる事でしょう。1回など早期に治療を終わらせたい方で、皮膚移植をご希望されない場合や、ご予算の面で切除皮膚移植法が困難な場合に選択される方法です。

診療の流れ

STEP1:患部に局所麻酔後、レーザーやカミソリなどで皮膚を薄く削ります。
STEP2:教育、ガーゼテープ処置をし、ご帰宅となります。

入れ墨切除治療後の流れ

・通院 … できれば1週間後、1カ月後に検診にご来院ください。
・処置 … 必要に応じてひと月ほど、患部に軟膏、テープ処置をしてください。
・入浴 … 当日から患部を濡らさないようにシャワー浴等可能です。入浴、飲酒はしばらく控えてください。

無料メール相談 メール予約

お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909

 2016年12月【メール予約】

       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2016年11月

カウンセラーブログ 掲載情報 保護者同意書 人気の治療科目 無料メール相談 メール予約 お気軽にお問合せ下さい。TEL:0120013909
モバイルサイトはこちら
住所:〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F TEL:0120-013-909
美容整形 札幌で美容外科を探すなら札幌中央クリニック ©SAPPORO CHUOH CLINIC. All Rights Reserved.