1. ホーム > 
  2. 美肌治療 > 
  3. ピコジェネシス

ピコジェネシス(肝斑治療)

ピコレーザーによる肝斑やくすみの治療。レーザー機器による肝斑治療はレーザートーニングとも呼ばれています。ピコジェネシスは、照射する周辺組織への負担を最小限に抑えつつ、メラニン色素を破壊していきます。肌への負担が少ないため痛みが少ないのも特徴です。従来のレーザーでは治療が難しかった肝斑の治療もピコジェネシスは、肝斑に効果を発揮します。

ピコレーザーのポイント

照射する周辺組織へのダメージが少ない
照射時間が短いから皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができる
痛みが最小限におさえられるので、麻酔なしでも治療が可能
2種類のパルス幅で粒子を破壊するから、今までよりも綺麗に「あざ」や「しみ」を消すことが可能

ピコレーザーによる“肝斑治療” 痛みが少ない理由

通常レーザー照射をすると熱が発生して周辺組織へ影響を与え痛みが発生します。痛みはレーザーを照射する時間に比例して大きくなります。ピコレーザー(エンライトン)は従来のレーザーに比べ非常に短い時間ピコ秒のレーザー照射のため、周辺組織へのダメージが少なく、痛みを最小限に抑えることが可能となりました。

ピコレーザーで早く、きれいに肝斑を除去

ピコレーザー(エンライトン)は大きなしみや肝斑の粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、しみや肝斑をきれいに除去していきます。

ピコレーザーのレーザーの波長と深度

レーザーには波長があり反応しない色素もあります。今までのレーザー(アレキサンドライト)が755nmの波長なのに対しエンライトンは1064nmと532nmの2つの波長を使用することが可能です。そのため多色の刺青やタトゥーにも効果を発揮できます。

このような方におすすめ

肝斑が気になる
痛みの少ない治療がしたい
以前レーザー治療では、満足の行く結果が得られなかった
忙しくてダウンタイムがとれない
テープを貼る治療はしなくない

施術について

治療時間 20分
麻酔 なし
ダウンタイム 特にないが赤みが若干でる事あり
通院 4週間に1回の間隔
その他 2~3日間、赤みが生じることがあります。

料金表

ピコジェネシス 頬のみ 1回 20,000円
5回 90,000円
顔全体 1回 25,000円
5回 110,000円
ピコジェネシス+イオン導入 頬のみ 1回 30,000円
5回 120,000円
顔全体 1回 35,000円
5回 140,000円

ドクター紹介

医師 吉村 長嗣

ドクター紹介

クリニック案内

札幌中央クリニック
〒060-0042 札幌市中央区大通西
2丁目5番 都心ビル4F
【予約受付 】9:30 - 19:00
【診療時間 】10:00 - 18:00
  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約
アクセスマップ

未成年の方へ

  • 札幌中央クリニックのインスタグラム
  • ピコレーザーでタトゥー・刺青除去
  • 切らない わきが・多汗症治療
  • 医療レーザー脱毛
  • 女性器をきれいに整える 婦人科形成
  • 脂肪吸引・ダイエット・痩身
  • しわ・たるみにエイジングケア
  • メンズ脱毛は札幌中央クリニック
  • 注射や糸リフトによる小顔治療
  • 札幌中央クリニックの薄毛治療

PAGETOP

電話する メール相談 カウンセリング予約