1. ホーム > 
  2. 美肌治療 > 
  3. ピコトーニング(ピコジェネシス)

ピコトーニング(ピコジェネシス)

今までレーザーによる肝斑治療は難しいとされてきました。しかし当院で導入したピコレーザー(エンライトン)はその肝斑治療を可能としました。ピコトーニング(ピコジェネシス)は、照射する周辺組織へのダメージが少なく、照射時間も短いので皮膚を熱変性させずに、メラニン色素を破壊させることができます。痛みは最小限におさえられているので、麻酔なしでも治療可能なくらい痛みが少ないのも特徴です。従来のレーザーよりも短期間で、高い効果を発揮します。

ピコレーザーのポイント

照射する周辺組織へのダメージが少ない
照射時間が短いから皮膚を熱変性させずに、色素を破壊させることができる
痛みが最小限におさえられるので、麻酔なしでも治療が可能
2種類のパルス幅で粒子を破壊するから、今までよりも綺麗に「あざ」や「しみ」を消すことが可能

ピコレーザーによる“肝斑治療” 痛みが少ない理由

通常レーザー照射をすると熱が発生して周辺組織へ影響を与え痛みが発生します。痛みはレーザーを照射する時間に比例して大きくなります。ピコレーザー(エントラントン)は従来のレーザーに比べ非常に短い時間ピコ秒のレーザー照射のため、周辺組織へのダメージが少なく、痛みを最小限に抑えることが可能となりました。

ピコレーザーで早く、きれいに肝斑を除去

ピコレーザー(エンライトン)は大きなしみや肝斑の粒子を破壊して小さくしてから更にその粒子を破壊することで、しみや肝斑をきれいに除去していきます。

ピコレーザーのレーザーの波長と深度

レーザーには波長があり反応しない色素もあります。今までのレーザー(アレキサンドライト)が755nmの波長なのに対しエンライトンは1064nmと532nmの2つの波長を使用することが可能です。そのため多色の刺青やタトゥーにも効果を発揮できます。

このような方におすすめ

肝斑が気になる
痛みの少ない治療がしたい
以前レーザー治療では、満足の行く結果が得られなかった
忙しくてダウンタイムがとれない
テープを貼る治療はしなくない

施術について

治療時間 20分
麻酔 ×
ダウンタイム 特にないが赤みが若干でる事あり
通院 3,4週間に1度のペースで通院
注意事項 1~2日赤みが出る事あるが化粧でカバーできる程度

料金表

ピコトーニング(ピコジェネシス)+イオン導入 頬のみ 1回 30,000円
5回 120,000円
顔全体 1回 35,000円
5回 140,000円

アクセス

GoogleMapで地図を見る
札幌中央クリニック札幌市中央区大通西2丁目5番地 都心ビル4F

●札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
(南北線、東西線、東豊線)

●JR札幌駅から徒歩約10分、タクシーで5分
平成23年春より札幌駅より当院まで全て地下通路
でアクセスが可能になりました

●中央バスターミナルから徒歩5分
アクセスマップ

予約カレンダー

ドクター紹介

院長  岡橋 怜日本形成外科学会日本形成外科学会専門医 ウルセラドライ認定医日本臨床皮膚外科学会日本創傷外科学会

ドクター紹介

クリニック案内

札幌中央クリニック
〒060-0042 札幌市中央区大通西
2丁目5番都心ビル4F
【予約受付 】9:30 - 19:00
【診療時間 】10:00 - 18:00
土日祝日も開院
携帯からも可能!
  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約
アクセスマップ

未成年の方へ

  • ピコレーザーでタトゥー・刺青除去
  • わきが・多汗症は切らずに治す!
  • 医療レーザー脱毛なら美容外科形成外科札幌中央クリニック
  • メンズ脱毛は札幌中央クリニック
  • 切らない!痛くない!最新医療痩身機器完備
  • トータルエイジングケア

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP

電話する メール相談 カウンセリング予約