• HOME > 
  • わきが・多汗症とは

わきが・多汗症とは

わきが・多汗症の要因

アポクリン腺から分泌する汗がワキガの原因とされています。運動した時や辛いものを食べた時にでる汗(エクリン汗腺から発汗)とは区別されます。エクリン汗腺からの分泌が過度な症状は、多汗症と診断されます。

アポクリン腺から出る汗が皮脂腺から分泌された脂肪と混ざり、それが細菌により分解されて独特のニオイを発します。それがワキガの正体です。

エクリン腺

身体全体に分布されているエクリン腺は、体温調整の役割を持っています。エクリン腺の成分は水分99%、塩分1%でできているので、ほとんど臭いはありません。

アポクリン腺

アポクリン腺は身体の特定部分(わきの下、乳輪・乳頭、陰部、耳のなかなど)にしかない汗腺です。臭いの元となるアンモニア・鉄分等の物質が分泌され、この汗の成分が細菌等で分解されると独特の臭いを発するようになるのが特徴。 これがワキガの原因になります。わきがの臭いが強い人には、アポクリン汗腺が多い傾向があります。

皮脂腺

皮脂腺から分泌される油分は髪の毛や皮膚の表面に潤いを与え保護するという大切な役割があります。ところが、分泌物には様々な脂肪酸が含まれるため、雑菌と混ざり合うことでワキガの臭いを強める働きもあるのです。

わきがセルフチェック!
わきがは自分ではなかなか気づきにくいものです。「わきがかな?」と気になったら、チェックシートで確認しましょう。チェック項目が多いほどわきがである可能性が高いといえます。

チェック項目が多かった方は、お問合せフォームまたはお電話(0120-013-909)よりお気軽にご相談ください。
すそわきが治療

治療法の選び方 徹底比較

治療法は様々な選択肢があります。かつては「剪除法(せんじょほう)」など、皮膚を切開してわきがの原因となるアポクリン腺を取り除く方法が効果が高く一般的とされていました。しかし、手術による治療法は傷あとが残りダウンタイムも長いという問題があります。また手術以外では発汗抑制注射による治療法がありますが、効果、持続性共に低く、効率のよい治療とはいえませんでした。そこで開発されたのがウルセラドライ。これまでのわきが治療のデメリットをなくした効果の高い治療とされ注目されています。

当院では、患者様1人ひとりの状況に合った治療法をご提案いたします。
  UltheraDry ミラドライ 一般的な手術 発汗抑制注射
1回の治療効果 高い 中等度
(2回以上必要)
高い 低い(軽度のわきがに有効)
持続性 長期的 長期的 長期的 6ヶ月〜1年
傷跡の有無 なし あり(熱傷、腫れ) あり なし
わきが治療 有効 有効 有効 有効(軽度の場合のみ)
多汗症治療 有効 有効 効果あり 有効
治療時間 40分 40分 2時間程度 15分
日常生活の影響 問題なし 問題なし 数日間の安静が必要 問題なし
治療費
チチガ(乳輪わきが)治療 ウルセラドライは、チチガ(乳輪わきが)の治療にも絶大な効果があります!
メール相談 カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 岡橋 怜
日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医

ウルセラドライ認定医

日本臨床皮膚外科学会
日本創傷外科学会
  • わきが・多汗症の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • よくある質問
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • 汗と臭いの豆知識
アクセス

札幌市中央区大通西2丁目5番
都心ビル4F
地下鉄大通り駅19番出口・
丸井今井大通り館西隣

・JR札幌駅からタクシーで5分
・中央バスセンターから徒歩5

GoogleMapで地図を見る