ニオイの豆知識

食事でワキガ臭を撃退!抗酸化作用のある食品・アルカリ性食品

 

「身体の臭い」と食生活が密接な関係にあるのはご存知ですよね。


 

 

もともとの体質はあるものの、体臭も口臭も少なからず、食生活の影響を受けています。

 

 

食事を変えることでワキガを完全に治すことはできませんが、毎日の食生活を見直すことで、臭いを軽減することは可能です。

 

 

今回はワキガの臭いを軽減する、アルカリ性と抗酸化についてのお話です。

 

 

 

 

ワキガの臭いは食事で抑えることができる

 

ワキガの主な原因はアポクリン汗腺から出る汗の存在です。

 

アポクリン汗腺から出る汗に含まれる脂質やタンパク質が臭いの元へと変化するので、その分泌量を食事で減らす事ができれば、ワキガの臭いを抑える効果が期待できます。

 

その食事方法は2つ!

 

 

1)抗酸化作用のある食品・アルカリ性食品を積極的に摂取する

 

健康な人の血液は弱アルカリ性です。逆に、健康を損なうと血液が酸性になり、酸性の状態にあると体臭も悪化します。

抗酸化作用のある食品を摂ることで体内のバランスを整えましょう。

また、アルカリ性の食品も抗酸化作用が強く、身体のサビつきを抑え、アンチエイジング効果も期待できます。

湯船の中に、身近なものをプラスするだけで、臭いを軽減してくれる効果があるので、ぜひ実践してみてください。

 

 

 

抗酸化作用がある食品

 

大豆・大豆製品
緑黄色野菜・・・ほうれん草・にんじん・ごぼう・キャベツ・カボチャなど
果物・・・バナナ・グレープフルーツなど
海藻類・・・わかめ、昆布など
きのこ類・・・特にしいたけ

 

 

 

 

●アルカリ性食品

 

梅干し
海藻類・・・わかめ、昆布など
特に、海草類はミネラルが沢山摂取できるのでおすすめです。

 

これらの食品を少しずつでも毎日摂取することで、臭いの元になる汗の脂質やタンパク質の分泌量を減らすことができます。

 

 

 

 

 

 

2)酸性食品を摂取し過ぎない

 

逆に身体を酸化させてしまうのが、酸性の食品です。

 

 

 

酸性食品

 

肉類・魚介類・穀類・卵など

 

これらの食品には身体の維持に欠かせない栄養素も含まれていますので、極端な制限は逆に健康を損なうおそれがあります。

 

あくまで、摂り過ぎに注意しましょう!

 

 

この他にも、糖分や塩分の摂り過ぎ、また、添加物を多く含んだ食品の摂り過ぎも、体臭の悪化につながります。

 

 

食生活の改善だけで根本からワキガを治すことは困難です。

 

しかし、体質を変えることで、ワキガの臭いを少しでも軽減できて、なおかつアンチエイジング効果が期待できるなら、ぜひ取り入れてみたいですね。

 

 

 

 

 

 

「ワキガ治療」で悩み根本を改善!

当院ではこれまでのワキガ&多汗症治療のデメリットをなくした効果の高い「ウルセラドライ」「ペアドライ」「ビューホット」という患者様の症状に合わせた3つの切らない治療法を行っております。

 

メスを使った手術による治療に抵抗を持っている方、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 

当院は臭いや汗を専門の測定器で計測し、患者様お一人お一人の症状に適した治療法をご提案します!

 

 

 

↓↓↓当院の「わきが治療」はこちら↓↓↓↓

 

 

 

「ウルセラドライ」について、詳しくはこちら→

 

「ベアドライ」について、詳しくはこちら→

 

「ビューホット」について、詳しくはこちら→

 

 

 

メール相談 カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 岡橋 怜
日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医

ウルセラドライ認定医

日本臨床皮膚外科学会
日本創傷外科学会
  • わきが・多汗症の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • よくある質問
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • 汗と臭いのマメ知識
アクセス

札幌市中央区大通西2丁目5番
都心ビル4F
地下鉄大通り駅19番出口・
丸井今井大通り館西隣

・JR札幌駅からタクシーで5分
・中央バスセンターから徒歩5

GoogleMapで地図を見る