ニオイの豆知識

ワキガの人の冬のインナー選び

 

冬のインナー選び

冬がやってきました。汗のケアは楽になったかもしれませんが、臭いに関しては夏より強くなってしまう傾向にあるので、油断できない季節です。

 

セーターやコートなどのアウターを脱いだとたんに、内側にこもったワキガ臭が一気に放たれてしまって、とんでもなく恥ずかしい思いをした・・・

 

なんて経験、ワキガの方なら身に覚えがあることかもしれません。

 

そうならないためにも、冬でもワキガのケアはぬかり無く!

 

少しでも臭いに振り回されることなく快適に冬を過ごせるように・・・

 

 

今回は冬のインナー選びや、服の素材選びのコツについてお話します。

 

 

 

 

冬の汗は夏の汗と成分が違う!

 

冬は夏に比べると、水分もあまりとらず、極端に汗をかく機会が減ります。そのため、冬の汗は老廃物の濃度が高い、言うなればドロドロの汗が溜まった状態です。

 

臭いの元となる成分のナトリウムとクロールの含有量が、冬は夏にくらべて倍近くに増えています。

 

また夏は全身から汗をかきますが、冬は脇以外からはなかなか汗をかかないため、余計にワキガ臭がきつくなってしまうというわけです。

 

 

 

 

冬の衣服は毎日洗えないものが多い

 

セーター冬は防寒のために化繊やニット素材の服を着る回数が多く、夏と違って毎日洗濯することが困難です。ましてジャケットやコートなどのアウターは、シーズン中何回もクリーニングに出すというのはコストもかかりますし、現実的ではありません。

 

そこで、重要となってくるのが、冬のインナー選びです。

 

臭いを繁殖させず、なおかつアウターに臭い移りしないようなインナーとは???

 

 

 

 

 

 

ワキガの人のインナー選びは素材が重要!

 

ワキガの人が着てはいけない素材は、化学繊維です! インナーに限らずですが、化学繊維の衣服は避けていただきたい。

 

衣服によく使われている、ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリウレタンなどの化学繊維は吸水力がないため、沢山かいた汗がそのまま皮膚表面に残った状態となり、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

近年、もはや冬の必需品となったヒートテック系の自家発熱肌着も化学繊維素材です。薄くて暖かいのがメリットですが、ワキガの人にはおすすめできません。

 

 

ワキガの方には吸水力と吸着力のある天然素材をおすすめします!
天然素材は綿100%・シルク・リネン(麻)と覚えてください。

 

 

インナー100%天然素材の製品は、化学繊維に比べると少々お値段もはりますが、すこしでも臭いのリスクを減らせるのでしたら高くないお買い物だと思います。

 

 

また、最近では化学繊維の中でも「吸汗速乾機能」「消臭・防臭機能」を備えた衣類が開発されています。ご自分にあった製品をうまく取り入れれば、ワキガ臭を抑えることができるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

冬でも脇毛の処理をお忘れなく!

 

わきが冬場も脇毛を処理して通気性を良くすることも、雑菌の繁殖や臭いの拡散を抑えることにつながります。

 

女性は夏場はムダ毛処理を行っていても、冬にはサボりがちです。

 

臭いのリスクを少しでも軽減できるのなら、冬の間に医療レーザー脱毛の施術を受けてしまうのも賢い選択かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ワキガ治療」で悩み根本を改善!

ワキガや多汗症を根本から改善したい方は、医療機関での治療をおすすめします。

当院ではワキガ&多汗症治療「ビューホット」「発汗抑制注射」など切らない治療法も行っております。

 

メスを使った手術による治療に抵抗を持っている方、ぜひ一度ご相談ください。

 

臭いや汗を専門の測定器で計測し、患者様お一人お一人の症状に適した治療法をご提案します!

 

 

 

↓↓↓当院の「切らないわきが治療」はこちら↓↓↓↓

 

 

「ビューホット」について、詳しくはこちら→

 

 

 

メール相談 カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 岡橋 怜
日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医

ウルセラドライ認定医

日本臨床皮膚外科学会
日本創傷外科学会
  • わきが・多汗症の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • よくある質問
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • 汗と臭いのマメ知識
アクセス

札幌市中央区大通西2丁目5番
都心ビル4F
地下鉄大通り駅19番出口・
丸井今井大通り館西隣

・JR札幌駅からタクシーで5分
・中央バスセンターから徒歩5

GoogleMapで地図を見る