• HOME > 
  • ペアドライ
札幌中央クリニックだからできる!切らない、腫れも痛みもほとんどない「わきが・多汗症治療」PairDRY

ペアドライ

ペアドライの特徴

RF波と超音波で、ニオイ・汗を発生する「アポクリン腺」、「エクリン腺」を破壊!

ビューホットで使用する照射針の深度は0.1mm単位で微調節が可能。そのため4~6段階に深度を変えて各深度で適切な出力に調整できます。それによってエクリン腺・アポクリン腺に狙いを定めて照射することが可能となりました。また、水平方向に照射漏れが少なく、効果の高い治療法です。当院では、さらに打ち残しがないように高度な技術を要するウルセラドライでエクリン腺やアポクリン腺などを破壊していく治療の併用をおすすめしています。ウルセラドライとビューホットのそれぞれのメリットを活かした高度な組み合わせ療法、それが「ペアドライ」です。
特徴1
1回の治療で効果を実感できる。
特徴2
皮膚を切開しないので傷跡が残らない。
特徴3
長期的な効果の持続を期待できる。
特徴4
治療後はほんのり赤みがでる程度で、ダメージが少ない。
腫れや痛みはほとんどなく、カサブタが出来ますが、1週間くらいで消失します。

「ペアドライ治療」 徹底比較

  PairDRY レーザー装置による治療 一般的な手術 注射による治療
効果 高い 中等度
(2回以上必要)
高い 低い
(軽度のわきがに有効)
持続性 ほぼ永久 2〜3年 長期的 6ヶ月〜1年
傷跡の有無 なし あり(熱傷、腫れ) あり なし
ニオイ 有効 有効 有効 有効(軽度の場合のみ)
汗 有効 有効 効果あり 有効
治療回数 1回 2回 1回 3〜4ヶ月毎に1回
日常生活の影響 問題なし ほぼ影響なし 数日間の安静が必要 問題なし
治療費

※ニオイの判定は個々の主観、状況によリ変動します。個人の見解で期待と効果の相違がある場合もあります。

治療の流れ

ペアドライによるわきが・多汗症治療の流れについての説明。

治療箇所のマーキング

マーキングシートを使い、位置を確認しながら発汗箇所にマーキングしていきます。

局所麻酔

極細の注射針を使用しワキ全体に局所麻酔をします。

ウルセラドライ照射

ウルセラドライ治療は超音波エコーで皮膚断層を見ながら、ワキ全体に照射していきます。
麻酔が効いているので痛みの心配はありません。

ビューホット照射

ビューホット治療は治療深度を調整しながら、照射していきます。痛みの心配はありません。

冷却

個人差はありますが、照射後にワキ全体に少し赤みが出ます。冷却装置で肌を冷却し赤みを抑えます。
処方した軟膏を塗布し、ガーゼをあてたままお帰りいただきます。

高度な技術と経験が必要な「ウルセラドライ療法」

ウルセラドライ療法は当院の南部正樹院長が開発した、わきが・多汗症治療法です。

腋窩のエクリン腺・アポクリン腺をターゲットとした治療 ウルセラドライ治療でエクリン腺やアポクリン腺の深さを狙って照射をするには、経験を積んだ医師の技術が必要です。皮膚の汗腺の状態を見ながら焦点距離を調整して、ターゲットのみを照射をします。
札幌中央クリニックでは、ウルセラドライとビューホットのそれぞれのメリットを活かした高度な組み合わせ療法「ペアドライ」が受けられる数少ないクリニックです。
照射することにより、鳥肌みたいな毛穴の状態が平らになる。
  • 皮膚を切らない「わきが・多汗症治療!」UltheraDry
  • 全身どこでも治療可能!「全身多汗症治療」ViewHOT
メール相談 カウンセリングの予約

PAGETOP

院長 岡橋 怜
日本形成外科学会
日本形成外科学会専門医

ウルセラドライ認定医

日本臨床皮膚外科学会
日本創傷外科学会
  • わきが・多汗症の原因
  • わきがセルフチェック
  • 治療法の選び方
  • わきが・多汗症セルフチェック
  • よくある質問
  • 未成年の方へ 同意書はこちら
  • 汗と臭いの豆知識
アクセス

札幌市中央区大通西2丁目5番
都心ビル4F
地下鉄大通り駅19番出口・
丸井今井大通り館西隣

・JR札幌駅からタクシーで5分
・中央バスセンターから徒歩5

GoogleMapで地図を見る