にきび・にきび跡

にきび治療

にきび・にきび跡の治療も専門的に行っています。高周波によりにきびの原因となる皮脂腺を直接なくす「アグネス」や「レーザー治療やフォト」による肌質の改善、古い角質を取りのぞく「ピーリング」、にきび跡に効果的なフラクショナルレーザー、外用薬や内服薬による治療の他、一般皮膚科で使用されているお薬の処方も行っています。

にきびについて

にきびはアクネ、尋常性ざ瘡とも呼ばれています。にきびは思春期以降に顔や胸・背中の毛穴を中心に見られる脂質の代謝異常です。それに加え、毛穴の詰り(角化異常)、細菌の増殖などが複雑に関わっています。日本では90%以上の人が経験し、生理的作用の1つとされて治療を諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。札幌中央クリニックでは、にきびの治療だけでなく、にきびを再発させない肌質に改善することを目標に治療を行っています。

機器によるにきび治療

より早く治したい方に。にきびの原因となる毛穴にある皮脂腺を1つ1つ直接破壊し、再発を防ぐ高周波によるにきび治療「アグネス」やにきび跡に効果的なフラクショナルレーザー、その他、にきびだけでなく肌質全体の改善を行うレーザーやフォトによる治療も行っています。

薬によるにきび治療

皮膚科学会のにきび治療ガイドラインでも推奨されている、抗菌薬の内服による抗菌作用や抗炎症作用、外用薬による抗菌作用、抗炎症作用、古い白質を剥がす(角質剥離作用)ことにより症状を改善します。

ページの先頭へ戻る