クリトリス包茎

クリトリス包茎

クリトリスには陰核包皮と呼ばれる皮膚があります。クリトリス全体に覆い被さっている状態をクリトリス包茎といいます。クリトリス包茎は、性交渉の際に痛みがでたり、不感症の原因となったりすることもあります。また、皮膚が覆い被さっている状態の為、分泌物やアカが溜まりやすくなり、臭いの原因になることもあります。
クリトリス包茎は、小陰唇・副皮の肥大と一緒にみられることもあります。その場合は、同時に治療を行うことも可能です。

このような方におすすめ

  • クリトリスが皮膚で覆われている
  • 刺激を感じない、不感症
  • 女性器が臭う
  • 性交渉時に痛みがある

施術について

治療時間 30分
麻酔 局所麻酔+静脈orガス麻酔
ダウン
タイム
約1週間
通院 吸収糸の場合不要。ナイロン糸の場合1週間後。
洗顔・メイク 当日から可能
注意事項 2~3日、出血が続くことがあるのでナプキンで対応。
性行為は1ヵ月後から可能です。

料金表

クリトリス包茎術 250,000円
  • ※表示価格は全て税抜価格です。
ページの先頭へ戻る