あご筋肉抑制注射

あご筋肉抑制注射

割れ顎は、筋肉の発達の程度によるものや下顎骨の中央部の骨が凹んでいるために顎が割れてみえることもあります。この部分は胎生期に左右の骨が伸びて結合されるのですが、癒着が不足したため陥凹しています。筋肉の発達による割れ顎は、筋肉抑制注射をすることで改善する場合もあります。

筋肉抑制注射について

特徴
国内唯一の製造販売承認を取得した医療用医薬品。世界で最も使用されている製品。
国内販売元
Allergan Japan株式会社
承認
アメリカではFDAの承認により2002年から眉間の表情じわの治療に使われ、日本では2009年1月に厚生労働省によって製造販売が承認され、同年2月から使用できるようになりました。2016年5月の時点で、アラガン社のしわ抑制注射は国内で唯一、眉間の表情じわ又は目尻の表情じわの治療に使用できる、製造販売承認を受けている医療用医薬品です。
その他
25年以上にわたり医薬品として、さまざまな疾患の治療に使われています。日本では現在、眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳性麻痺患者(2歳以上)の下肢痙縮などに伴う尖足、重度の原発性腋窩多汗症、斜視などの治療においても使用されています。

筋肉抑制注射のポイント

  • 注射だけの治療なので、
    術後も短時間で回復するので仕事や家事、学校にも支障がない。
  • 治療時間はわずか10分程度です。
  • 特に麻酔の心配はありませんが、痛みが心配な方は医師にご相談ください。

このような方におすすめ

  • 顎が割れている
  • 手術はしたくない

施術について

治療時間 5分
麻酔 なし
ダウン
タイム
特になし(若干内出血の可能性はあり)
通院 不要
洗顔・メイク 当日より可能
その他 3ヵ月間、妊娠はお控え下さい。

料金表

あご筋肉
抑制注射
1回 50,000円
  • ※表示価格は全て税抜価格です。
ページの先頭へ戻る