性同一性障害・GID

性同一性障害・GID

当院では、性同一性障害の方の治療として、診断書・紹介状をご持参いただいた方にホルモン注射を行なっています。
治療するにあたり、「血液検査」と「血中ホルモン濃度検査」はMTFまたはFTMのどちらの場合でも、受診する必要があります。

MTFの方

体は男性、心は女性という方の場合は、女性ホルモンを摂取します。
当院の注射による治療で使用している薬品は、ぺラニン・デポー(吉草酸エストラジオール)です。通常、20mgを2~3週間隔で投与します。※接種間隔には個人差があります。

効果と変化
乳房の増大(女性化乳房)、乳輪の色素変化、乳頭の過敏性の増大、皮膚の艶の変化、女性形への体型の変化(骨盤周囲への体脂肪の増大)、あごひげや体毛の発育の減少、高い声、性欲減退、睾丸収縮。
※開始から2年前後までに乳房の発育などの変化がみられます。
副作用
女性ホルモン投与中は下記のような疾患のリスクを高めます。そのため、定期的な検査が必要です。
(血栓症、心不全、心筋梗塞、脳梗塞、肝機能障害、高血圧など)

FTMの方

体は女性、心は男性という方の場合は、男性ホルモンを摂取します。
当院の注射による治療で使用している薬品は、テスチノンデポー(エナント酸テストステロン)です。通常、250mgを2~3週間隔で投与します。※接種間隔には個人差があります。

効果と変化
月経停止、声帯変化(声が低音に)、体毛の増加、毛が固く(剛毛)、ひげの増加、頭髪減少、筋肉質、男性形への体脂肪分布
※乳房のサイズにあまり変化はありません。
副作用
男性ホルモン投与中は下記のような疾患のリスクを高めます。そのため、定期的な検査が必要です。
(肝機能障害、骨粗鬆症、にきびなど)

料金表

男性ホルモン注射 初診料 3,000円
血液検査(肝機能検査等)
+ホルモン検査
10,000円
男性ホルモン注射 2,500円
女性ホルモン注射 初診料 3,000円
血液検査(肝機能検査等)
+ホルモン検査
10,000円
女性ホルモン注射 1,500円
  • ※表示価格は全て税抜価格です。
ページの先頭へ戻る