眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、瞼の持ち上げに関係する挙筋腱膜が薄くなったり、伸びてしまったり、上眼瞼挙筋(がんけんきょきん)働きが弱くなったために上まぶたが開けづらくなるなる状態です。上まぶたが開けずらくなると、視野が狭くなったり、仕事や生活に支障をきたしたり、目の疲れや頭痛を引き起こすこともあります。眼瞼下垂は先天性の眼瞼下垂と加齢やコンタクトレンズなどによる後天性眼瞼下垂(老人性眼瞼下垂・腱膜性眼瞼下垂)があります。加齢による場合は、まぶたのたるみが増えることによって視界が狭くなったり、まぶたが開きにくくなることもあります。この場合は、たるみを取る必要があります。

札幌中央クリニックの眼瞼下垂の治療

札幌中央クリニックでは、眼瞼下垂の手術は2つの方法「挙筋腱膜前転」「結膜縫縮」があります。

このような方におすすめ

  • 上まぶたの目の開きが重い、悪い
  • 眠そうな目を大きく見せたい
  • 額にしわをよせて目を開けている
  • 目つきが悪く見られてしまう
  • 長期間のコンタクトレンズの使用で、まぶたが開けにくくなった
  • 目の開きが悪く、目の疲れや肩こり、頭痛を感じる

眼瞼下垂治療について

治療時間 60~90分
麻酔 局所麻酔
経過 抜糸まで5~7日、大きな腫れは約2週間、内出血の可能性
通院 1回(抜糸の時のみ)
メイク アイメイクは抜糸翌日より可
洗顔 目以外は当日から可
その他 コンタクトは抜糸まで不可、血行がよくなる事は抜糸までお控え下さい。

料金表

眼瞼下垂 挙筋腱膜前転(切開法) 440,000円
結膜縫縮(埋没法) 242,000円
他院修正 +100,000円
  • ※表示価格は税込価格です。
ページの先頭へ戻る