膣縮小手術・注射

膣縮小

膣が緩い、膣の締まりが悪い?などパートナーから指摘されたという方や膣に水が入りやすい方もいらっしゃいます。膣の緩みは加齢や出産などが原因で起こるケースがほとんどです。当院では、手術と注射による2つの治療を行っています。出産未経験の方でも膣の緩さが気になる場合は、ヒアルロン酸注入による注射による治療をおすすめしています。

膣縮小手術

膣縮小の手術は、膣入口付近を縫い縮める手術と膣の奥に向かって縫い縮める手術があります。膣壁は柔軟性があり伸びやすいため、膣入口だけ狭くしても時間の経過とともに再度広がってしまうこともあります。当院では通常、膣の入口から子宮付近までの膣壁の粘膜を切除し、粘膜下の筋肉も縫い寄せることで後戻りしにくい膣縮小手術を行っています。膣を狭くすることにより、出産時に影響が出る可能性があるため出産経験のない方や出産の予定がある方の手術による膣縮小治療は行っていません。

膣縮小手術はこのような方におすすめ

  • 膣の緩さが気になる
  • しっかりと膣を狭くしたい
  • 年齢とともに膣がしまらなくなった
  • 膣に水が入りやすい
  • 出産後に膣が緩くなった
  • パートナーに指摘されてた

膣縮小手術について

治療時間 60分
麻酔 局所麻酔にて行います。ご希望の方は、静脈麻酔・ガス麻酔の併用も可能です。
治療後の
経過
2~3日、小出血が持続することがあります。
通院 吸収糸の場合は通院は不要です。2週間後に抜糸することも可能です。
シャワー・入浴 治療翌日からシャワーが可能です。入浴は2週間後から可能です。
注意事項 2~3日、小出血が続く可能性があるのでナプキンで対応します。
性行為は1ヵ月後から可能です。

膣縮小注射

ヒアルロン酸注入による膣縮小の治療。主に入口付近を中心に膣壁にヒアルロン酸を注入することで、膣壁をボリュームアップして、膣の内側が狭くします。入口が狭くなることで狭く感じます。注入による治療のためダウンタイムもほとんどなく、手術に比べ負担の少ない膣縮小治療です。

膣縮小注射はこのような方におすすめ

  • 膣の緩さが気になる
  • パートナーに指摘されてた
  • 手術はしたくない
  • 膣に水が入りやすい
  • 今後、出産の予定もある
  • 年齢とともに膣が緩くなった

膣縮小注射について

治療時間 15~20分
麻酔 局所麻酔にて行います。ご希望の方は、静脈麻酔・ガス麻酔の併用も可能です。
治療後の
経過
治療当日は、小出血が見られることがあります。
通院 通常、通院は不要です。
シャワー・入浴 当日からシャワーが可能です。入浴は、翌日から可能です。
その他 当日は、ナプキンを当てて過ごします。性行為は、翌日から可能です。

料金表

膣縮小 ヒアルロン酸注入 10cc
※5ccごとに+55,000円
220,000円
膣縮小手術 440,000円
  • ※表示価格は税込価格です。
ページの先頭へ戻る