1. ホーム > 
  2. 二重まぶた・目もと > 
  3. 眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、瞼を持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)が弱くなることで、上まぶたが下がったり、開けづらくなるなる状態を言います。眼瞼下垂は先天性のものと加齢による老人性下垂、長期間コンタクトレンズの使用によるものがあります。加齢により、まぶたがたるみ視界が狭くなったり、まぶたが開きにくくなったりします。重度になると肩こりや頭痛の原因にもなります。

札幌中央クリニックの眼瞼下垂の治療

札幌中央クリニックでは、眼瞼下垂の手術は2つの方法「挙筋前転法」「結膜縫縮法」があります。

挙筋前転法(切開法)

挙筋前転法は眼瞼挙筋を「瞼板(けんばん)」に固定することで、挙筋の引き上げる力を確実にまぶたに伝えるようにします。挙筋短縮法(タッキング法)と違いミューラー筋を一切傷つけることなく眼瞼下垂の治療が可能な手術です。

結膜縫縮法(切らない眼瞼下垂治療)

結膜縫縮法は、皮膚を切らずにまぶたの裏側から糸で眼瞼結膜と瞼板を縫い縮める手術です。皮膚を切らないので、傷跡は見えません。

このような方におすすめ

眠そうな目を大きく見せたい
いつも額にしわをよせて目を開けている
目つきが悪く見られてしまう
上まぶたのたるみで、目の開きが悪くなった
長期間のコンタクトレンズの使用で、まぶたが開けにくくなった
目の開きが悪く、目の疲れや肩こり、頭痛を感じる

施術について

治療時間 1時間30分
麻酔 局所麻酔
ダウンタイム 抜糸まで5~7日、大きな腫れは約2週間、内出血の可能性
通院 1回(抜糸の時のみ)
メイク アイメイクは抜糸翌日より可
洗顔 目以外は当日から可
注意事項 コンタクトは抜糸まで不可、血行がよくなる事は抜糸までお控え下さい。

料金表

眼瞼下垂 挙筋前転法(切開法) 400,000円
結膜縫縮法(切らない眼瞼下垂治療) 200,000円

ドクター紹介

医師 吉村 長嗣

ドクター紹介

クリニック案内

札幌中央クリニック
〒060-0042 札幌市中央区大通西
2丁目5番 都心ビル4F
【予約受付 】9:30 - 19:00
【診療時間 】10:00 - 18:00
  • 無料メール相談
  • カウンセリング予約
アクセスマップ

未成年の方へ

  • 札幌中央クリニックのインスタグラム
  • ピコレーザーでタトゥー・刺青除去
  • 切らない わきが・多汗症治療
  • 医療レーザー脱毛
  • 女性器をきれいに整える 婦人科形成
  • 脂肪吸引・ダイエット・痩身
  • しわ・たるみにエイジングケア
  • メンズ脱毛は札幌中央クリニック
  • 注射や糸リフトによる小顔治療
  • 札幌中央クリニックの薄毛治療

PAGETOP

電話する メール相談 カウンセリング予約